星占い事典|蟹座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

蟹座の感覚

相手とひとつに

蟹座は、自分の感情を確かめようとしてもなかなか上手くできないことがあり、他者の感情を取り込むことによって自分を知ろうとするところがあります。

 

鏡のように相手に映して自分を見るのではなく、一体化して他者の感覚の中にいる自分を知るのです。

 

そういう意味で、蟹座の感覚というのは非常に相対的なもので、独立して存在したものではないともいえます。

 

愛する人の喜びは自分の喜びでもありますし、自分の悲しみは他者と分け合い受け入れてもらうことで癒されます。

 

もしたった一人で生きなくてはいけないとしたら、蟹座は自分が存在する意味を見出すことはできないでしょう。

 

蟹座にとって愛する人の感覚は自分のものであり、自分の感覚は愛する人のものであるのです。




周りの空気に敏感

最近よく「空気を読む」という言葉を耳にしますが、この能力において蟹座に勝る者はいないでしょう。

 

周囲の状況を意識的にキャッチしているわけではないのに、なぜか周囲の空気感が感じられてしまうのです。

 

「空気を読む力が優れている」といえますが、それが本人にとって良いものかどうかはわかりません。

 

感覚はどんどん研ぎ澄まされていき、感情が不安定になりやすいこともあるからです。

 

空気を読む力がプラスになるかマイナスになるかは、その人の心の安定度合いによるでしょう。

 

心が強く安定しているなら状況を敏感にキャッチし情報を得ることができますが、不安定な精神状態ならば更なる混乱のもとになるだけでしょう。




気持ちが読める?

蟹座のすごいところは空気を読むだけではなく、まるで超能力者のように相手の気持ちを察知できることでしょう。

 

相手の気持ちに入り込むということをしなくても、考えていることが手に取るように感じられてしまうのです。

 

共感性というのは天然の素質が大きくて訓練したからといって簡単に身につくものではないと思わずにはいられません。

 

そのため、心優しい人は思いやりにあふれ、よこしまな心を持つ人は相手の弱みに付け込もうとするかもしれません。

 

蟹座ほどその人間性によって感覚に違いがでる星座はないでしょう。

 

人は自分と似た波動を受け取りますから、人の優しさをよく感じることができるならば、その人の心が美しいのです。




PAGETOP
Copyright © 蟹座の運勢 ~ Cancer ~ All Rights Reserved.