星占い事典|蟹座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

蟹座の性格

飾らない庶民派

愛する仲間を思いやり、いつも同じ目線でいつづけたい蟹座は、自分だけが突出した存在でいたいとは思いません。

 

皆に愛される存在であるためには、自分を飾らず親しみのある人であることが大切だと感じています。

 

そのため、どんなに立派な生まれや立場であっても、蟹座はどこか庶民的っぽさをかもし出していたりします。

 

それは計算されたものであることもありますが、ほとんどは本来持っている心のやさしさから滲み出たものだといえるでしょう。

 

おごり高ぶることなく、素直に接するのが相手の心をつかむ一番良い方法だと無意識に知っているのかもしれません。

 

本気でだれかと親しくなろうとするときの蟹座の対人センスは目を見張るものがあります。




情に厚い人情タイプ

蟹座は人に対しての好き嫌いが激しいと述べましたが、もし嫌いな人が自分を好きでいてくれるとわかると気持がコロリと変わったりします。

 

どんなに苦手なタイプでも、自分を愛してくれる人を突きはなすようなことは蟹座にはできません。

 

「あの人のこと苦手なのに困ったなぁ・・・」なんて言いながらも、自分に寄ってきてくれる人のことは大切にするでしょう。

 

情に厚くて人情派の蟹座は、自分に対して向けられた愛情や恩は忘れることはありません。

 

ただし相手が少しでも裏切るような態度に出たなら、そのときはどうしても許すことはできません。

 

それは信頼や愛を失ってしまったという悲しみからくるものなのです。




母性的で芯が強い

パッと見て、まったく母性とは程遠くみえる蟹座というのはけっこう多いもの。

 

女性ならまだしも、男性ならば特にそう見えることでしょう。

 

しかし母性というのは実はあまり男女に関係なく、単なる愛情のあり方だといえます。

 

蟹座の男性はどんなに男っぽく見えても感情豊かで、愛する者を守るという感覚が発達していますし、女性は心根が優しく慈愛に満ちた人が多いようです。

 

蟹座は愛する者を守るという気持ちが優先されるため、やさしく弱々しく見えたとしてもじつは非常に強い芯を持っています。

 

人当たりは柔らかくても、絶対に譲れないコアがあり、そこに触れると別人のように強い態度にでることもあります。




PAGETOP
Copyright © 蟹座の運勢 ~ Cancer ~ All Rights Reserved.