星占い事典|蟹座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

蟹座の心の強さ

愛することを恐れない

人間関係のストレスが増え悩みが多くなるにつれて、人はどんどん臆病になっていってしまうものです。

 

年を重ねるごとに心の傷も増えていき、人と親しくなったり愛することを止めてしまう人も少しずつ増えていきます。

 

しかしそれでも多くの蟹座は、人が心と心でつながることの素晴らしさを信じていこうとするでしょう。

 

だれかを愛したり慈しむことなしに人生を行きていくなんて想像もできないのではないでしょうか。

 

蟹座はなにかの御縁で与えられた環境を大切に受け止めて、そこでの生活をより良きものにしようとする人達です。

 

なんど打ちのめされたとしても、愛することを恐れずに生きていこうとする力を秘めています。




自分を信じる力

蟹座の思考というのは客観性よりも主観性が優先されやすいと前に述べました。

 

ということは、観察される事実ではなく本人の思い込みが優先される、と言い換えることができるかもしれません。

 

思い込みというのは非常に微妙なニュアンスを含んでいるものですから、一般的にはあまり良い印象はないのかもしれません。

 

しかし逆にいえば、思い込みがあることで自分を信じ続けることができるともいえるのです。

 

たとえば、まったく同じ才能をもった二人が、同じ夢を追いかけていたとします。

 

何度も挫折してくじけそうになったときに支えになるものといえば「自分にはできる」「私には才能がある」という思い込みでしょう。

 

そもそも「信念」というのは主観的な思い込みを昇華させたものですし、「自信」もそれに近いものかもしれません。

 

蟹座らしいステキな思い込みをうまく使って、自分を信じる力をずっと保ちたいものです。
 




全力で守る

おだやかで、激しい攻撃性などめったに見せない蟹座ですが、大切な人が危険にさらされそうになると身を投げ出してでも守ろうとすることがあります。

 

まさに子供を守ろうとする母親のような迫力で、外見からは想像もできないような力を発揮することすらあるでしょう。

 

蟹はふだんは臆病な生き物ですが、最後の最後には固い殻を盾にして戦いぬきます。

 

そんな蟹座のチカラは、危機的状況において瞬発的に発揮されることもありますが、たいていは長い時間の中で静かに発揮されることが多いもの。

 

愛する人を大切に思いつづけながら、その時々で相手を優しく包み込むような種類のものです。

 

その方法はあまりにおだやかなので守られているほうはそのことに気づかないかもしれません。

 

それでも真摯に愛し続ける蟹座は、心の奥に澄んだ愛を持っているといえるでしょう。
 




PAGETOP
Copyright © 蟹座の運勢 ~ Cancer ~ All Rights Reserved.