星占い事典|蟹座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

蟹座の嫌いなもの

無機質なもの

なによりも心を大切にする蟹座はモノに対してもそれに近い感情をもっています。

 

オシャレなものも洗練されたものも好きですが、無機質で人の気配のかんじられないようなものはあまり好きではありません。

 

家具などでいえば木製品であたたかみのあるもののほうを好み、モノトーン家具やメタル調のものだとなんとなく落ち着きません。

 

蟹座にとって無機質なものというのは、心無く冷たいものの象徴です。

 

その冷たさや人工的無機質さの中にある美を愛でることはあまりありません。

 

感情を大切にする蟹座にとって、心の通わないものというのはほとんど意味をもたないため愛着を感じないのでしょう。

 

そのため無機質なモノばかり好む人に対しても、自分とは違うタイプの人なのだと感じて敬遠してしまうことがあるかもしれません。




心ない物質主義

人や心を大切にするといっても蟹座には物質欲がないわけではなく、むしろ他の星座以上に豊かな生活を望むほうです。

 

しかし、その目的はモノを「所有」することではなくて、あくまでも楽しく自分らしく生きるためです。

 

おつきあいのときにかかる交際費や体裁を整えるためということもあるでしょう。

 

そのためお金を貯めることだけを目的に生きているような「ケチな人」のことがどうしても好きになれません。

 

おつきあいもせずにセコセコと節約ばかりする人や、豪華なモノを買っては人に見せびらかすような自己顕示欲が強い人のなども軽蔑してしまいます。

 

豊かな生活をたのしむのではなく、モノに執着する姿が醜く感じられてしまうのです。
 




博愛すぎる人

一般的には、心が広くだれとでも平等に仲良く付き合うのは美徳である、と考えるのが普通でしょう。

 

しかしそれは蟹座には通用せず、むしろ疎まれてしまう可能性すらあるといえます。

 

なぜなら蟹座はある一定のラインを引いて、敵と味方に分けるという感覚を生まれながらに持っているためです。

 

特別扱いしてもらう(そこで線引きされる)ことで安心感が得られるので、他者との線引きのない「平等」というものがどうも苦手なのです。

 

そのため、だれに対しても平等な態度をみせる人はどこか信用しきれないため、敵と見なしてしまうこともありえます。

 

もし「博愛」なんてありえないと感じるなら、誰とでも仲良くする人は八方美人だと責めるでしょう。

 

このようなことは愛情の枠組みが小さな蟹座に起こりえます。

 

逆に、地球レベルの広く大きな愛の枠組みをもっている蟹座であれば、だれよりも博愛になる可能性もあります。
 




PAGETOP
Copyright © 蟹座の運勢 ~ Cancer ~ All Rights Reserved.