星占い事典|蟹座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

蟹座ののぞむ人間関係

友達は家族

だれかと仲良くなって心から信頼できる人だと思ったなら、蟹座にとってその人はもう家族同然のような存在になります。

 

そうなるまでにはかなり時間がかかるものの、いちどなってしまえば友達であっても身内のようなもの。

 

そして蟹座はいつも心の中でそんな関係を望んでいるといえます。

 

仲間作りが上手な蟹座ですが、実は心の中には不安や葛藤があり「この中の誰が本当に信用できる人なのか」という気持ちが渦巻いていたりします。

 

そのためどんなに友達や仲間が多くても、どこか不安を抱えているようなところがあるのです。

 

心から信頼できる仲間が増えて、その人を大切にしつつ一緒にいられたらどんなに素晴らしいだろう!と感じているでしょう。




一定範囲の中でおさめる

友達作りが上手だからといって、蟹座はひたすら友達の数を増やしたいとはあまり思いません。

 

増えることは問題ないのですが、自分が本当にお付き合いを続けていきたいのは一定の範囲の人たち。

 

あとはただの知り合いにすぎません。

 

心から信頼できる仲間がいたなら、そのグループの中に新しい人がどんどん入ってくるのはあまり心地よくないのです。

 

そのため、愛情の枠が小さい人は家族しか信用できないということもありえますが、それでもそこが心地よいならば問題ないでしょう。

 

心から自分を愛してくれる人のために生きることは蟹座にとっての喜びなのです。

 

制限なくだれとでも気軽につき合い交友関係を広げすぎると、蟹座にとってはストレスになりえます。




心からの信頼

だれしも「心から信じられる人」を求めているものですが、その意味合いは人によって違ってくるかもしれません。

 

孤独を愛する人にとっては「いてくれたら嬉しい」存在ですが、蟹座にとっては「いなければ生きるのがつらい」存在となります。

 

いつも仲間に囲まれている蟹座は、じつはかなりの寂しがり屋。

 

愛情に飢えやすく、いつも人とのあたたかい心の交流を求めています。

 

どんなに仲間が増えたとしても、信じられる相手でなければ心の飢餓感は募るばかりでしょう。

 

最初に敵と味方に線引きをするという蟹座のやり方も、本当に信用できる人を範囲を絞って探しだすためなのかもしれません。




PAGETOP
Copyright © 蟹座の運勢 ~ Cancer ~ All Rights Reserved.