星占い事典|蟹座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

蟹座と姑、小姑

気に入ると仏

お姑さんが蟹座だったなら、仏のように優しい人か、面倒くさい人かのどちらかに分かれ、その中間はほぼ存在しないといわれます。

 

広い愛情枠をもつ包容力にあふれる人であれば、お嫁さんを我が娘のように扱ってくれますが、そうでなければ息子を奪った略奪者とみなすかもしれません。

 

蟹座の愛情は好きか嫌いで極端なため、相手がお嫁さんであればそれを隠そうとはしないでしょう。

 

気に入ったお嫁さんなら本当の親子のようになれるかもしれませんが、蟹座の地雷はどこに隠されているかわかりません。

 

嫁がお姑さんに対して一度でもいい加減な行動をとったなら、あっというまに機嫌を損ねて嫌われてしまう可能性すらあります。

 

蟹座のお姑さんはどうにも読みきれない部分があるので、感謝の気持ちを持ちながら、謙虚にしていたほうが無難かもしれません。




チェックが細かい

蟹座が持つするどい観察力は、お嫁さんに向けて最大限に発揮されるといってもよいかもしれません。

 

普通、蟹座は好きな人と嫌いな人を選別して仲の良い人とだけつきあいますから、その人間関係はだいたい安定しています。

 

しかし、自分の好みに関係なく選ばれてくる「嫁」というのは完全に未知の存在。

 

万が一気に入ったなら受け入れるけれど、そうでなければ敵になる可能性がある、と待ちかまえているわけです。

 

そこへ持ってきて鋭い観察力ですから、嫁という存在をとことんこと細かに査定するでしょう。

 

当然、辛口の答えが予想されますが、蟹座の感性はどうもつかみにくいものがあるのでその基準は本人にしかわかりません。

 

しかし、チェックが細かくて嫌だ(恐ろしい!)と思っても逃げてはいけません。

 

蟹座は自分に寄ってくる人のことはかわいがる傾向があるので、最初は嫌われてしまっても、おそれず懐に飛び込んでしまえばかなりの確率で受け止めてくれるはずです。




息子を溺愛!?

すべての母親にとって息子はかわいいものですが、蟹座の母親は平均以上に息子をかわいがっているといえます。

 

そのため「息子もいい大人なのだし、結婚したのだからあとはお嫁さんにお任せしましょう」なんて理性的に割り切ることはなかなかできません。

 

蟹座の姑の愛情枠の頂点にいるのが息子ですから、その最愛の人(息子)を奪われることは耐えがたい辛さになるのです。

 

人間的にできた母親であれば、気持ちをぐっとこらえてお嫁さんに接してくれるかもしれませんが、心の奥ではダークな感情が渦巻いていることでしょう。

 

そのためか結婚後も、ことあるごとに息子への愛情を見せつけるような行動にでるかもしれません。

 

お嫁さんとしてはおもしろくないかもしれませんが、愛する人を失った蟹座に理屈は通じませんから、あまり口出ししないほうがよさそうです。




PAGETOP
Copyright © 蟹座の運勢 ~ Cancer ~ All Rights Reserved.