星占い事典|蟹座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

蟹座の友達

友達が蟹座だったら

反論否定は要注意

蟹座の人と「友達になった!」といっても、それだけではただの知り合いなのか、かなり好かれているのか分かりません。

 

だれかを「友達」と呼ぶ時には、蟹座は無意識のうちに線引きをして仕分けをしているからです。

 

友達として、どのポジションに位置付けされているかは、蟹座本人にしか分からないこと。

 

ひとつの目安としては家に遊びに来るように誘われたかどうか、があげられるかもしれません。

 

蟹座にとっての家は聖域なので、そこに招かれるということは心を許しているという証拠(かも)。

 

もし誘いを断ってしまったなら、本当に行けない理由があったとしても、友達枠からは遠ざかったことになりますから要注意。

 

蟹座は人にNOと言われることには普通の人以上に敏感なのです。

 

そのため、たとえ相手の事を思って言った言葉であっても、考えを否定したり反論したりすると蟹座は心を閉ざしてしまう可能性があります。




仲良しグループ

蟹座の友達との関わり方というのは子供のころから大人になるまであまり変わらないといっても過言ではないかもしれません。

 

その関わり合い方の特徴は、仲の良い数名のグループを作ってその中で友人関係を楽しむというものです。

 

大人になるにつれてグループ数は増えていきますが、それでも基本的には変わらず仲良しグループを結成することを好みます。

 

これは蟹座女性によく見られることですが、他の星座と比べると、蟹座の男性もこの傾向が強いほうです。

 

蟹座は1対1で仲良くするよりも、何人かでグループを構成するほうが心地よいので、気づけば蟹座グループの一員になっていたということもあるかもしれません。

 

1対1の個人的な関係を好む人からすると不思議に思えるかもしれませんが、これはほとんど無意識に行っていることで蟹座の自然な行動なのです。




入るか出るか

蟹座の仲良しグループに入っていて、もしそこから離れたいと思ったならそれは友達関係が大きく変わるということを意味します。

 

穏やかな蟹座はグループから出ていく人を強く責めたりはしませんが、それでも心の中では完全に愛情枠の外側に置いてしまう可能性があります。

 

蟹座は寂しがり屋のため、自分の愛情枠から離れて行ってしまう人がいるとひどく悲しい気持ちになるのです。

 

そのため、場合によっては、グループから距離を置こうとしただけで蟹座に嫌われてしまうこともあるかもしれません。

 

蟹座にとっての友達というのは内側にいる人か、外側にいる人かしかありませんから、グループに入るか出るかしかないのです。




PAGETOP
Copyright © 蟹座の運勢 ~ Cancer ~ All Rights Reserved.