星占い事典|蟹座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

蟹座が活躍できる環境

芸能世界は向いている

蟹座はおとなしそうに見える人が多いのですが、じつは明るくサービス精神旺盛なタイプです。

 

エンターティナー気質とは少し違うのですが、どこか人を和ませる天性の才能があるため人は惹きつけられるのでしょう。

 

愛されキャラでもある蟹座は、実際のところ芸能関係の仕事にも向いているといえます。

 

これは華やかな世界が向いているという意味ではなく、本当の意味での「芸能」に関する才能が高いということです。

 

なにしろ模写や相手の気持ちに入り込むのは得意ですから、師匠の指示を的確に捉えて、それを再現したりすることが得意です。

 

蟹座には優れた俳優が多く見られますが、それは役に完全に入り込むことができるからかもしれません。

 

豊かな才能を生かすには、理論づくめの世界よりも感性を生かしたものが合っているといえます。




自分で会社を作りだす

蟹座は何かをゼロから作り出すのが得意ですが、自分で創り多くのものを生産していくという意味では起業が最も良い方法かもしれません。

 

自分の感性に基づいて枠組みを決め、その中で信頼できる仲間や部下を育てながら、皆で生産性(利益)を追求していく。

 

蟹座は自分が大切に思うものは全力で守ろうとしますから、会社の経営にも真剣になります。

 

会社の中で「好き嫌い」癖を出さないかぎり、のびのびと蟹座の良さを発揮できそうです。

 

実際、広い心をもつ蟹座は会社を守るため、そして利益追求のために驚くほどの未知の才能を発揮することがあります。

 

成功させるポイントは、自分と同等もしくはそれ以上に能力の高い、蟹座とは違うタイプのアドバイザーを持つことです。




狭い世界が心地よい

蟹座には狭い世界のほうが良いというのは少し語弊がありますが、蟹座には一定の枠組みが必要です。

 

小さな集団に所属するのか、世界レベルの大きな枠組に生きるのかは人によって違いますが、いずれにしても何か、自分の所属する世界と外部との区切りが必要なのです。

 

そうしないと精神的に不安定になりやすく、自ら閉じた世界に隠れてしまうかもしれません。

 

たとえばフリーの仕事をしている人ならば、どこにも属さずに完全フリーで外を飛び回るような仕事は向いているとはいえません。

 

フリーでもどこかへ所属して、さらに行く場所も、ある程度決まった場所のほうがよいでしょう。

 

趣味であれば良いですが、仕事で完全なるフリーというのは枠組みが広すぎて蟹座にはストレスになってしまいそうです。

 

やむをえずそういう状況であるならば、信頼できる仕事仲間を作って自分の居場所を確保するようにしましょう。




PAGETOP
Copyright © 蟹座の運勢 ~ Cancer ~ All Rights Reserved.