星占い事典|蟹座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

蟹座の価値観

蟹座が大切にしていることは、

愛情、共感、守ることです。

内側と外側の区別

牡羊座から数えると4番目に位置する蟹座は、無から始まり(牡羊座)肉体となり(牡牛座)、世界を知覚した(双子座)後に、内側と外側を区別するという段階にあります。

 

内側と外側と区別するということは、世界の中にいる自分をより強く意識することにつながります。

 

つまり敵か味方か、他人か身内か、好きか嫌いか、守るか闘うか、知っているか知らないか、などの線引きをすることで自分の存在を明確に認識しようとするのです。

 

蟹の甲羅は非常に固いものですが、その外見とはうらはらに内側は柔らかくみずみずしいものです。

 

外側からの攻撃には強靭な強さを見せますが、内側にあるものはやさしく包み込むように守ります。

 

内側と外側の区別は家族や友達などの狭い範囲だけでなく、地域や民族や国にまで広がることがあり、その範囲には個人差があります。

 

無意識のうちにどこかで線引きすることで蟹座は自分自身も理解していくのでしょう。




大切なものを守る

蟹座が無意識のうちに外側と内側に線引きをするときの基準は、愛情や愛着です。

 

簡単にいうと、好きか嫌いか、心地よいか良くないかということが基準になっています。

 

自分にとって好ましいと感じる人(モノ)は内側におき、心地よくないものや理解し合えないものは外側に置かれます。

 

そして愛情線の内側にあるものには、心からの愛情を注いで、大切に守ろうとします。

 

まるで蟹が卵をずっと抱いて守るように、慈しみをもって、優しく包み込むのです。

 

蟹座は闘争心が強いタイプではありませんが、大切な人に危害が加わりそうになると、驚くほどの勇気を見せることがあります。

 

自分の愛する者を守ろうとする蟹座の愛情は広がりのあるものとはいえませんが強く深いものなのです。
 




共に感じること

愛する人を愛情線の内側に置いたなら、それらと一体化して、共に喜びを感じて生きたいと願います。

 

蟹座の世界というのは自分だけでは完成されることがなく、かならず他者がいることが必要になります。

 

自分とは相容れないような人は常に愛情の外側にいるわけですから、とくに愛情は感じずあまり興味も示しません。

 

自分の愛情の内側にいる人とだけ共感しあい、理解し合い、楽しいことを共有していきたいと考えます。

 

喜怒哀楽の感情を共有できない相手のことは信用せず、打ち解けようとはしないでしょう。

 

そのため、近くにいるのにいつまでも心が通わない人は、場合によっては敵とみなされてしまうこともありえます。

 

同じ感覚を味わい相手と一体感を味わうことが、蟹座にとってもっとも大切なことだといえるでしょう。
 




PAGETOP
Copyright © 蟹座の運勢 ~ Cancer ~ All Rights Reserved.